コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虚血性視神経症 きょけつせいししんけいしょうIschemic Optic Neuropathy

家庭医学館の解説

きょけつせいししんけいしょう【虚血性視神経症 Ischemic Optic Neuropathy】

[どんな病気か]
 片方の目の視力が急に悪くなって、そのまま視力が回復しなくなる病気です。数か月間経過してから、もう一方の目にも同様の症状がおこることもあります。
 原因は視神経に栄養を与える血管がつまるためで、50~60歳代の人に多くみられます。動脈硬化症、高血圧症、糖尿病などの全身的慢性疾患をもつ人に多いようです。
 側頭動脈炎(そくとうどうみゃくえん)という血管に炎症をおこす疾患にともなうこともあります。
[治療]
 抗凝固薬、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン薬、血管拡張薬、ビタミンB1、B12などが用いられますが、予後は不良で、視力は完全には回復しません。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

虚血性視神経症の関連キーワード視力障害、視野障害をもたらす病気ビタミンB1ビタミンB

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android