コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛍手 ほたるで

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蛍手
ほたるで

蛍焼ともいう。中国,明時代に始る磁器,またその透明な文様透かし彫の部分に透明な釉 (うわぐすり) を充填して焼成し,文様が透き通ってみえる。景徳鎮窯のものが有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほたる‐で【蛍手】

磁器素地(きじ)を透かし彫りにし、その箇所に釉(うわぐすり)を充塡(じゅうてん)して焼き上げたもの。光を通して文様が浮き上がる。中国、代におこった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほたるで【蛍手】

磁器素地きじを透かし彫りにしてそこに釉うわぐすりなどを熔塡し半透明の文様を現したもの。中国明代におこった。透かし手。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android