コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛍手 ほたるで

3件 の用語解説(蛍手の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蛍手
ほたるで

蛍焼ともいう。中国,明時代に始る磁器,またその透明な文様。透かし彫の部分に透明な釉 (うわぐすり) を充填して焼成し,文様が透き通ってみえる。景徳鎮窯のものが有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほたるで【蛍手】

磁器素地きじを透かし彫りにしてそこに釉うわぐすりなどを熔塡し半透明の文様を現したもの。中国明代におこった。透かし手。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蛍手の関連情報