コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

透彫(読み)すかしぼり

百科事典マイペディアの解説

透彫【すかしぼり】

金属面,木面などに文様を切り透かす技法。普通,文様を残して地を切り透かす地透しによるが,彫金には,文様を切って地を残す文様透しも多い。木の透彫は欄間や仏像の光背に多く,金属の透彫は刀剣の鐔(つば)や器物の表装に施した例が多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の透彫の言及

【彫金】より

…鋳造または鍛造(たんぞう)された金属器の表面に,鏨(たがね)で文様を彫ったり,透かしたり,他の金属を嵌(は)めて装飾したりする金工の加飾技法。毛彫(けぼり)や蹴彫(けりぼり)などの線刻,魚々子打(ななこうち),高肉彫や透彫(すかしぼり),象嵌(ぞうがん)などに大別される。 〈点線彫(てんせんぼり)〉は,先のとがった細い鏨を連続して打ち,点線を表現する技法。…

※「透彫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

透彫の関連情報