蜘蛛貝(読み)クモガイ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蜘蛛貝 (クモガイ)

学名:Lambis lambis
動物。スイショウガイ科の巻き貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くも‐がい ‥がひ【蜘蛛貝】

〘名〙 スイショウガイ科の巻き貝。紀伊半島以南、特に熱帯のサンゴ礁に多くすむ。殻高約一七センチメートルに達する。殻は紡錘形で、殻口の外唇から七本の指状突起が出る。表面は淡灰色で、栗色の雲状模様があり、内面は光沢の強い淡肉色。幼貝には突起はなく、成長とともに殻の形が変わる。肉は食用、殻は装飾用。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android