螟蛾(読み)メイガ

デジタル大辞泉の解説

めい‐が【××蛾】

鱗翅(りんし)目メイガ科の昆虫の総称。翅(はね)の開張1~2センチくらい。体は細長く、翅は体のわりに大きく、足は細い。夜行性で灯火によく集まる。種類が非常に多く、幼虫はさまざまな植物を加害し、大害虫もあり、髄虫(ずいむし)虫(めいちゅう))とよばれる。ニカメイガイッテンオオメイガツトガなど。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めいが【螟蛾】

メイガ科のガの総称。全世界に一万種以上が知られ、日本には約650種がいる。体も足も細い。はねの形や色彩・斑紋は変化に富む。幼虫が植物の根・茎・葉・果実を食害したり、貯蔵した穀類を食べる害虫が多い。ニカメイガ・アワノメイガ・クワノメイガなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

螟蛾 (メイガ)

動物。メイガ科の昆虫の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android