コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血の婚礼 チノコンレイ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

血の婚礼
ちのこんれい
Bodas de sangre

ガルシア・ロルカの三幕劇。スペインの農村を舞台にした作者の悲劇三部作の一つで、1933年に初演された。情念に引きずられた花嫁が以前恋仲だった男と婚礼の宴から逃げ、後を追った花婿と男がナイフで殺し合う宿命劇で、象徴的な役割の月と死が登場し、散文と韻文、写実性と詩的幻想が融合した作品。[菅 愛子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

血の婚礼の関連キーワードフェデリコ ガルシア・ロルカヴォルフガング フォルトナーベルナルダ=アルバの家アドリアン ガリアガルシア・ロルカステラ アラウソF.G. ロルカカルロス サウラアイーダ ゴメスガルシアロルカおおたにまいこフォルトナースペイン演劇スペイン映画牛島 信明大沼百合子伊与勢我無五十木小苗渡辺 浩子妹尾正文

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

血の婚礼の関連情報