コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血書 ケッショ

デジタル大辞泉の解説

けっ‐しょ【血書】

[名](スル)強い決意や誠意を示すために自分の文字を書くこと。また、書いたもの。

ち‐がき【血書(き)】

[名](スル)血で文字を書くこと。また、その文書。ちぶみ。けっしょ。「血書きした誓紙

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けっしょ【血書】

( 名 ) スル
堅い誓いや誠意を示すため、自分の血で文書を書くこと。また、その文書。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の血書の言及

【血判】より

起請文にとくにその例が多いが,願文などにもみられる。また,類似の方法に血書があるが,これは,血液を墨・朱にまぜたりして,それで花押を書いたり,文章そのものを書くものである。 血判は早い例では南北朝時代から知られ,たとえば1338年(延元3∥暦応1)の菊池武重起請文などにみられるが,一般には戦国時代とくに盛んになる。…

【血】より

…中世ヨーロッパには,殺人者が近寄ると死体から再び血が流れるという迷信が広くあり,ハンセン病(癩病)の治療に人血が有効とする考えもドイツなどに根強く残っていた。日本の血書や血判も,血がその人を代表するとみる観念に裏づけられている。血が流れて草花や土を染めた,という類の伝説は世界各地にあり,たとえば南方熊楠《十二支考》の〈虎〉の項に詳しい。…

※「血書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

血書の関連キーワード下川 辰平金門五山桐下条 正巳百合若大臣宮阪 将嘉久保 栄崇徳天皇鈴木瑞穂丸山定夫足利持氏藤田周敏久保栄血文文書願文血判

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

血書の関連情報