コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血液寒天培地 けつえきかんてんばいち blood agar

2件 の用語解説(血液寒天培地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

血液寒天培地
けつえきかんてんばいち
blood agar

基礎培地に動物の血液を5~10%加えて均等に混合した寒天培地。多くの細菌の培養に用いられるが,特に肺炎球菌や化膿レンサ球菌のように栄養要求のきびしい菌種の培養に適している。また,溶血毒素をつくり出す菌種がこの培地に発育すると,集落の周囲に毒素の種類によって特有な変化が生じるので,溶血性のパターンの判定にも用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

血液寒天培地

 滅菌した寒天を冷まして無菌の血液と混合して固まらせたもので,菌の培養や溶血の検査に使う.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

血液寒天培地の関連キーワード血液血管血清血リンパ大静脈培地輸血(犬・猫の)吸血動物固形培地半合成培地

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone