コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血液毒 ケツエキドク

3件 の用語解説(血液毒の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けつえき‐どく【血液毒】

血液中の赤血球破壊など血液の障害を起こさせる毒。水銀・燐(りん)・鉛・ベンゼンや、マムシ・ハブの毒など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

血液毒
けつえきどく

血液の中の赤血球に作用して、赤血球を破壊(溶血)する作用のあるもの。多数存在するが、おもなものは、動物界ではヘビ毒、クモ毒、ハチ毒、植物界ではキノコ毒、非食品性植物、工業薬品ではベンゾール系のもの(ベンゼン、キシレン、ガソリンなど)、医薬品ではピリン剤サルファ剤フェナセチン、金、蒼鉛(そうえん)などの重金属剤、試薬ではフェニルヒドラジンなど。溶血性貧血をおこし、血色素尿を出すことがある。[伊藤健次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

血液毒の関連情報