コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行意 ぎょうい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

行意 ぎょうい

1171-1217 鎌倉時代の僧,歌人。
承安(じょうあん)元年生まれ。藤原基房の子。園城(おんじょう)寺の覚尊に教えをうけ,大峰,那智などで修行し,土御門(つちみかど)天皇,順徳天皇護持僧をつとめた。晩年に「内裏(だいり)名所百首」「内裏百番歌合」などに出席した。歌は「新勅撰和歌集」などにのっている。建保(けんぽ)5年11月29日死去。47歳(一説に41歳)。名は良親,良観,良円。通称は山科僧正。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

行意の関連キーワード男谷精一郎鎌倉時代五濁承安

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android