電撃(読み)でんげき

精選版 日本国語大辞典「電撃」の解説

でん‐げき【電撃】

〘名〙
① 強い流を体に通したときに生ずる衝撃。〔電気訳語集(1893)〕
② (━する) いなずまのようにすばやく鋭く敵を攻撃すること。
※現代日本技術史概説(1956)〈星野芳郎〉五「太平洋戦争は、例のように電撃戦をもって開始された」 〔晉書‐温嶠伝〕
③ いなずまのように前触れもなく衝撃を与えること。
※偽装諜報員(1968)〈大藪春彦〉潜行鯨作戦「若いキャロライン・フォストを口説き落として電撃結婚したことだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「電撃」の解説

でん‐げき【電撃】

強い電流をからだに受けたときに感じる衝撃。
電光のように、すばやく攻撃すること。「電撃作戦」
電光のように、前ぶれなしに衝撃を与えること。「電撃的な結婚」
[類語](1衝撃打撃ショック/(2襲撃猛攻猛撃猛爆猛襲痛撃奇襲夜襲攻撃急襲強襲突撃進撃進攻侵攻攻勢ねらい撃ち征伐せいばつ総攻撃攻略直撃迫撃挟み撃ち挟撃出撃追い撃ち追撃アタックおそ襲いかかる攻める攻めかかる攻め立てる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「電撃」の解説

【電撃】でんげき

激しく急襲する。〔六韜虎韜軍用衝車さまに以ての輜車騎寇を敗るべし。一名電車。兵法に之れを電と謂ふ。

通「電」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android