コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衣手の コロモデノ

2件 の用語解説(衣手のの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ころもで‐の【衣手の】

[枕]袖に関する「手(た)」「真袖(まそで)」「ひるがえる」などの意から、「た」「ま」「わく」「かへる」「なぎ」などにかかる。
「―田上山(たなかみやま)の真木さく檜(ひ)の嬬手(つまで)を」〈・五〇〉
「―真若(まわか)の浦の砂地(まなごつち)」〈・三一六八〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ころもでの【衣手の】

( 枕詞 )
の縁から同音を含む地名「田上たなかみ山」「高屋」などにかかる。 「いはばしる近江の国の-田上山の/万葉集 50」 「 -高屋たかやの上にたなびくまでに/万葉集 1706
翻ることから、「返る」にかかる。 「 -かへりも知らず/万葉集 3276
袖が両方に分かれていることから、「別る」にかかる。 「 -別れし時よ/万葉集 4101
「真若の浦」にかかる。かかり方未詳。 「 -真若の浦の/万葉集 3168
地名「名木なき」にかかる。かかり方未詳。 「 -名木の川辺を春雨に/万葉集 1696

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

衣手のの関連キーワード唐錦敷妙の袖に時雨る袖に縋る袖にする手を袖にする真菅よしまそっと真袖