知多湾(読み)ちたわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

愛知県南部,三河湾の一支知多半島にいだかれた細長い湾入で,東の渥美湾と対する。矢作 (やはぎ) 川,境川が注ぎ,沿岸は干拓新田が開ける。湾内の水深は約 20m。江戸時代は製塩が行われたが現在は消滅した。湾の北部衣浦湾と呼ばれ,衣浦臨海工業地域として総合開発が進展している。西岸に半田市,武豊町,東岸に刈谷市,高浜市,碧南市,西尾市などの工業都市がある。湾南部では,「浮ひび」によるノリ養殖が行われる。師崎 (もろざき) ,日間賀,豊丘,一色河和 (こうわ) などが沿岸漁業の基地。三河湾岸一帯と湾口の島々は,三河湾国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愛知県南部、知多半島東側の湾入で、三河湾の一部を構成する。湾奥部は衣(ころも)ヶ浦湾(衣浦(きぬうら)湾とも)である。衣ヶ浦湾は猿投・境川断層線、知多湾は伊良湖(いらご)水道からの海底谷の延長で、水深は深く40メートルにも及んでいる。県下最初の貿易港として武豊(たけとよ)港ができたのも水深との関係である。河和(こうわ)港は古い海水浴場、師崎(もろざき)港は尾張(おわり)藩時代の水軍根拠地。三河湾岸一帯と湾口の佐久島、日間賀(ひまか)島などの島嶼(とうしょ)は三河湾国定公園に属する。[伊藤郷平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

愛知県南部、知多半島東側の湾。三河湾の西部を占め、北部を衣ケ浦(ころもがうら)湾という。渥美湾とは知多半島先端と対岸吉良町とを結ぶ線で区切られ、矢作(やはぎ)川・境川が注ぐ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の知多湾の言及

【三河湾】より

…愛知県の渥美半島と知多半島に抱かれた内湾。東部の渥美湾と西部の知多湾に分かれる。面積539km2。…

※「知多湾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android