コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表面準位 ひょうめんじゅんいsurface level

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

表面準位
ひょうめんじゅんい
surface level

結晶の表面近くにのみ限られて存在する電子のエネルギー準位。表面近くと内部で位置エネルギーが違うためにできる準位,表面に吸着された他の分子によってできる準位などもある。半導体においては電子と正孔の再結合が表面準位で行われるなど,電気的性質に大きい影響を与える。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

表面準位の関連キーワード電荷結合素子

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android