コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表面焼入れ ひょうめんやきいれsurface hardening

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうめんやきいれ【表面焼入れ surface hardening】

硬さ,耐摩耗性などの性質を向上させるために,歯車,シリンダー内面,クランク軸ジャーナル面などの表面層だけを焼入れする方法で,一般には鋼材に適用される。高周波焼入れ,火炎焼入れ電解焼入れなどがある。
[高周波焼入れinduction hardening]
 加熱源として高周波電流によるジュール熱を利用する方法。高周波電流は,スキンエフェクトskin effectといって導電体の表面層だけに電流が流れる性質をもっているので,被処理材表面を瞬間的に高周波電流を通して加熱することができ,内部にはほとんど加熱の影響が及ばない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

表面焼入れの関連キーワード表面硬化誘導加熱誘導炉

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android