コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袋棚 フクロダナ

大辞林 第三版の解説

ふくろだな【袋棚】

床の間の脇に設けられ、引き違いの襖ふすまをつけた戸棚。多くは違い棚と組み合わせて用いる。天袋や地袋など。袋戸棚。
茶室の棚の一。地袋のついた置き棚。桑や桐などで作り、花入れ・棗なつめなどを飾る。志野袋棚。利休袋棚。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の袋棚の言及

【棚】より

… 置棚とは別に,書院造建築には作り付けの棚がつくられた。この棚の大きさは間口が間半,1間のものが多く,構成は棚板だけのもの,袋棚や厨子棚を組み合わせたものなど種々ある。違棚は複数の棚板を左右から上と下にくい違いに釣った棚で,香炉,食籠,花瓶,茶器などを飾る。…

※「袋棚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

袋棚の関連キーワード修学院離宮(しゅがくいんりきゅう)紹鴎棚・紹鷗棚城楼棚・西楼棚通り違い棚引き違い志野道耳城楼棚鳥居棚月波楼松花堂茶箪笥違い棚呉服棚床脇棚通り棚花入れ袋戸局棚釣棚棚物

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

袋棚の関連情報