コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袖の浦 ソデノウラ

デジタル大辞泉の解説

そで‐の‐うら【袖の浦】

着物の袖が涙にぬれているのを、に見立てていう語。
「忍びねの涙たたふる―になづまず宿る秋の夜の月」〈山家集・中〉

そでのうら【袖の浦】[地名]

神奈川県鎌倉市、七里ヶ浜の別称。
山形県酒田市、最上川河口付近の海岸。[歌枕]
「―のなみ吹きかへす秋風に雲の上まで涼しかるらむ」〈新古今・雑上〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そでのうら【袖の浦】

涙にぬれた袖を浦に見立てていう語。 「心にしみて-のひる時もなく/小大君集」

そでのうら【袖の浦】

山形県酒田市、最上川河口付近の海岸。⦅歌枕⦆ 「 -たまらぬ玉のくだけつつ寄せても遠く帰る浪かな/建保名所百首」
神奈川県鎌倉市稲村ヶ崎の西方の海岸。七里ヶ浜の異名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

袖の浦の関連キーワード山形県酒田市着物西方海岸異名歌枕

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

袖の浦の関連情報