コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒田市 さかた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酒田〔市〕
さかた

山形県北西部,庄内平野にある市。最上川河口に位置し,西は日本海に臨み,北で秋田県と接する。 1933年市制。 1941年に西平田村,1950年に飛島村,1954年に西荒瀬村,新堀村,広野村,袖浦村,東平田村,北平田村,中平田村,上田村,本楯村,南遊佐村を編入。 2005年八幡町,松山町,平田町と合体。戦国時代から日本海沿岸や内陸河川交通の要地として多くの豪商を生んだ。河村瑞賢が寛文 12 (1672) 年に瑞賢蔵と呼ばれた貯米場を設けて下関,瀬戸内海経由で直接大坂と取り引きしてから,米の回漕の根拠地となりいっそう繁栄した。明治以後は太平洋側の海運業が盛んになり衰微した。第2次世界大戦頃から臨海工業地区が形成され始め,1951年酒田港が重要港湾に指定された。 1974年には酒田北港が開港,おもに重化学工業が行なわれている。また 70万 kWの火力発電所もある。庄内米の産地で,海岸部の庄内砂丘では果樹,花卉などの栽培も行なわれる。日本海沿岸は庄内海浜県立自然公園に,南東部の最上川流域は最上川県立自然公園に属する。酒田港の北西方,日本海に浮かぶ飛島鳥海国定公園に属し,ウミネコ繁殖地は国指定天然記念物。本間家旧本邸付長屋門や新田目城跡など歴史的遺産も多く,商家造りの旧鐙屋 (あぶみや) ,城輪柵跡 (きのわさくあと) ,堂の前遺跡は国の史跡に,總光寺庭園は国の名勝に指定されている。また,酒田市出身の写真家土門拳の作品を収蔵する土門拳記念館,庄内米歴史資料館などの文化施設がある。南西部の鶴岡市との境界付近に庄内空港があり,JR羽越本線が西部を縦貫。国道7号線,47号線、112号線,344号線,345号線が通り,山形自動車道のインターチェンジがある。面積 602.97km2。人口 10万6244(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酒田市の関連情報