コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七里ヶ浜 しちりがはま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七里ヶ浜
しちりがはま

神奈川県南東部,鎌倉市相模湾に面する海岸。稲村ヶ崎から小動 (こゆるぎ) 崎までの約 3kmをいう。丘陵が迫って狭長な砂浜を形成。地名は6町を1里とした数え方で7里あることに由来するといわれる。西方には江の島を控えて富士山南方には大島を望む景勝地。保養地,療養地として知られた。鎌倉の海としては波が高く,サーフィンが楽しめる。付近の丘陵地宅地開発が盛ん。海岸沿いに国道 134号線が通じている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しちり‐が‐はま【七里ヶ浜】

神奈川県鎌倉市西部の、稲村ヶ崎と腰越の小動ヶ崎(こゆるぎがさき)との間の海岸。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しちりがはま【七里ヶ浜】

神奈川県鎌倉市南西部の砂浜海岸相模湾に臨み,新田義貞の鎌倉攻めで名高い稲村ヶ崎から,西は小動(こゆるぎ)岬に至る。実長は2.9kmほどであるが,6町を1里とした関東道の距離の数え方から,その名があるといわれる。江の島,富士山,三浦半島伊豆大島を一望する景勝地で,海岸沿いに藤沢~鎌倉間を結ぶ江ノ島電鉄が通じ,湘南道路と呼ばれる国道134号線がそれに沿って走る。別荘療養所が早くから開設されたが,近年背後の丘陵地の開発が進み,宅地化が著しい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しちりがはま【七里ヶ浜】

鎌倉市南西部、稲村ヶ崎から小動ヶ崎こゆるぎがさきに至る間の海浜。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔神奈川県〕七里ヶ浜(しちりがはま)


神奈川県鎌倉(かまくら)市の南西部、稲村ヶ(いなむらが)崎西側の相模(さがみ)湾に臨む砂浜海岸。背後は鎌倉山の麓(ふもと)で住宅・別荘が多い。西側は小動岬(こゆるぎざき)から腰越(こしごえ)・江ノ島海岸に続く景勝地。海岸沿いに江ノ島電鉄・国道134号が通じる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七里ヶ浜
しちりがはま

神奈川県鎌倉(かまくら)市の南西部、相模(さがみ)湾に面した海岸。稲村(いなむら)ヶ崎から西へ腰越(こしごえ)の小動(こゆるぎ)崎に至る約4キロメートルの平坦(へいたん)な海浜。6町を1里としたときのほぼ7里にあたるので、この名がある。江ノ島電鉄線と国道134号(湘南(しょうなん)道路)が通じる。近くに江の島、遠くに富士、箱根、伊豆、大島、三浦半島を一望に収め、景勝地をなしている。稲村ヶ崎に近い浜辺に「真白き富士の嶺(ね)、緑の江の島……」の哀悼歌で知られる逗子(ずし)開成中学生(12少年――1910年突風で遭難)の慰霊歌碑とその上に兄弟のブロンズ像が浜に向かって立っている。海は波が荒いので遊泳禁止だが、サーフィンで人気がある。[浅香幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

七里ヶ浜の関連キーワード稲村ヶ崎〈新田義貞徒渉伝説地〉サーフライディング江ノ島電鉄(株)パブロワ鎌倉山袖の浦演歌海浜

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android