コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裁く/捌く サバク

デジタル大辞泉の解説

さば・く【裁く/×捌く】

[動カ五(四)]
(裁く)理非を明らかにする。裁判する。「罪を―・く」「人を―・く」
手を使ってものを思いのままに扱う。「ヒット性の打球を難なく―・く」「手綱を―・く」
ごたごたした物事や複雑なことを、適切に処理する。「会社を一人で―・いている」「もめごとを―・く」
品物を売りつくす。「滞貨を全部―・いた」

㋐くっついたりからまったりしやすいものを、解き分ける。「髪を―・く」「着物の裾を―・く」「力士が下がりを―・く」
㋑料理で、材料に包丁を入れて切り離し、ばらばらにする。「鴨を―・く」
[可能]さばける
[動カ下二]さば(捌)ける」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さばく【裁く】

( 動五[四] )
〔「捌く」と同源〕
善悪・理非の判断をする。(裁判官が)判決を下す。 「公平に-・く」 「検断出て-・く/狂言・茶ぐり 天正本
[可能] さばける

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android