コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裁く/捌く サバク

デジタル大辞泉の解説

さば・く【裁く/×捌く】

[動カ五(四)]
(裁く)理非を明らかにする。裁判する。「罪を―・く」「人を―・く」
手を使ってものを思いのままに扱う。「ヒット性の打球を難なく―・く」「手綱を―・く」
ごたごたした物事や複雑なことを、適切に処理する。「会社を一人で―・いている」「もめごとを―・く」
品物を売りつくす。「滞貨を全部―・いた」

㋐くっついたりからまったりしやすいものを、解き分ける。「髪を―・く」「着物の裾を―・く」「力士が下がりを―・く」
㋑料理で、材料に包丁を入れて切り離し、ばらばらにする。「鴨を―・く」
[可能]さばける
[動カ下二]さば(捌)ける」の文語形

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さばく【裁く】

( 動五[四] )
〔「捌く」と同源〕
善悪・理非の判断をする。(裁判官が)判決を下す。 「公平に-・く」 「検断出て-・く/狂言・茶ぐり 天正本
[可能] さばける

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

裁く/捌くの関連キーワード海賊を日本の裁判で裁く経緯シエラレオネ国際戦犯法廷ミッキー スピレーンルワンダ国際刑事法廷イエス・キリストフェアファックス国際司法裁判所ドゥウムウィリラダマンチュス国際刑事裁判所テリピヌシュ国際軍事裁判女形気三郎最後の審判五道の冥官ホエーリーアイアコス三方一両損ゲルーシアベルゲテ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android