熟す(読み)コナス

デジタル大辞泉 「熟す」の意味・読み・例文・類語

こ‐な・す【熟す】

[動サ五(四)]に成す、の意》
食べた物を消化する。「胃腸食物を―・す」
かたまっているものを細かく砕く。「畑の土を―・す」
技術などを習って、それを思うままに使う。また、身につけた技術でうまく扱う。自在に扱う。「数か国語を―・す」「新型機器を―・す」
与えられた仕事などをうまく処理する。「ノルマを―・す」
売りさばく。「在庫品を―・す」
見下げる。けなす。
「這入れませんと恐れ入ったら、それ見ろと直ぐ―・されるに極っている」〈漱石坑夫
動詞の連用形に付いて、自分の思いのままにする意を表す。うまく…する。完全に…する。「使い―・す」「乗り―・す」「読み―・す」
[可能]こなせる
[類語]扱う取り扱う取り組む計らうさばく切り回す取りさばく処する律する片付ける済ます終える上げる仕上げるやっつける処理する料理する解決する始末するかたを付けるけりを付ける畳む手掛ける切り回す事に当たる本腰を入れる

じゅく・す【熟す】

[動サ五]じゅく(熟)する」(サ変)の五段化。「さくらんぼの―・すころ」「まだ機が―・さない」
[動サ変]じゅく(熟)する」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android