コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熟す コナス

4件 の用語解説(熟すの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こ‐な・す【熟す】

[動サ五(四)]《粉(こ)に成す、の意》
食べた物を消化する。「胃腸で食物を―・す」
かたまっているものを細かく砕く。「畑の土を―・す」
技術などを習って、それを思うままに使う。また、身につけた技術でうまく扱う。自在に扱う。「数か国語を―・す」「新型の機器を―・す」
与えられた仕事などをうまく処理する。「ノルマを―・す」
売りさばく。「在庫品を―・す」
見下げる。けなす。
「這入れませんと恐れ入ったら、それ見ろと直ぐ―・されるに極っている」〈漱石・坑夫〉
動詞の連用形に付いて、自分の思いのままにする意を表す。うまく…する。完全に…する。「使い―・す」「乗り―・す」「読み―・す」
[可能]こなせる

じゅく・す【熟す】

[動サ五]じゅく(熟)する」(サ変)の五段化。「さくらんぼの―・すころ」「まだ機が―・さない」
[動サ変]じゅく(熟)する」の文語形。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こなす【熟す】

( 動五[四] )
食べた物を胃腸で消化する。 「食べた物を-・す力がない」
大きな物を砕いたりして細かくする。 「河岸かしで鮪まぐろでも-・す様に切て仕舞ました/怪談牡丹灯籠 円朝」 「木を伐り-・す/宇津保 俊蔭
身につけた技術・知識によって、困難で手間のかかる事柄をうまく処理する。 「どんな役でも器用に-・す」 「これだけの仕事はとても私一人では-・し切れない」 「このロボット一台で三〇人分の仕事を-・す」 「数を-・す(=多数ノモノヲ扱ウ)」
人をけなす。軽くあしらう。 「姉さん達が狂気のやうに-・す理由はない/執着 秋江」 「客に内甲うちかぶとを見られ-・さるると太夫の位がなく/浮世草子・禁短気」
穀類を採って粒にする。脱穀する。 「大豆を-・す」
(他の動詞の下に付いて)その動作を楽々としてしまう。巧みにする。 「難曲を弾き-・す」 「着-・す」 〔「こなれる」に対する他動詞〕
[可能] こなせる

じゅくす【熟す】

( 動五 )
〔サ変動詞「熟する」の五段化〕 「熟する」に同じ。 「機がまだ-・さない」
( 動サ変 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熟すの関連キーワード被す利かす為成す秘す威す織成すさ・す住成す任す

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

熟すの関連情報