コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切(り)回す キリマワス

デジタル大辞泉の解説

きり‐まわ・す〔‐まはす〕【切(り)回す】

[動サ五(四)]
中心になって物事を処理する。また、巧みにやりくりする。「店をひとりで―・す」
物のまわりを切る。
「髪を禿(かぶろ)に―・し」〈平家・一〉
あちらこちらを切る。また、手当たりしだいに切る。
「すすけたる明かり障子の破ればかりを、禅尼手づから、小刀して―・しつつ張られければ」〈徒然・一八四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

切(り)回すの関連キーワード明かり障子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android