コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扱う アツカウ

デジタル大辞泉の解説

あつか・う〔あつかふ〕【扱う】

[動ワ五(ハ四)]
道具・機械などを、使ったり操作したりする。取り扱う。「壊れやすいので丁寧に―・う」「旋盤を―・う」
物事をとりさばく。仕事として処理する。「事務を―・う」「輸入品を―・う店」
人をもてなす。世話をする。「大ぜいの客を―・う」
ある身分・役割・状態にあるものとして遇する。「大人として―・う」「欠席として―・う」
特に取り上げて問題にする。「環境問題を―・った番組」「新聞で大きく―・われる」
調停する。仲裁する。「けんかを―・う」
看護する。
「病者のことを思う給へ―・ひ侍るほどに」〈・夕顔〉
持て余す。処置に困る。
「皆この事を―・ひて議するに」〈今昔・一〇・五〉
うわさをする。
「人々も、思ひの外なることかなと―・ふめるを」〈紅葉賀
[可能]あつかえる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あつかう【扱う】

( 動五[四] )
道具・機械・品物などを、手で動かしたり持ったりして操作・使用する。取り扱う。 「この装置は訓練を受けないと-・えない」 「劇薬を-・う」
ある物を業務の対象とする。取り扱う。担当する。 「洋書は二階で-・っています」 「刑事事件を専門に-・う」 「社会問題を-・った本」
人にある態度で応対する。 「人を邪険に-・う」 「頑固で-・いにくい人」
(「 A を B としてあつかう」の形で)処遇する。処理する。 「一人前の社会人として-・う」 「遅刻三回を欠席一回として-・う」
他人の紛争やけんかを仲裁する。 「ケンカヲ-・ッテ仲ヲ直ス/ヘボン 三版
あれこれとうわさをする。いろいろ言う。 「人々も、思ひの外なる事かなと-・ふめるを/源氏 紅葉賀
処置に困る。もてあます。 「多く取らむと騒ぐものは、なかなかうちこぼし-・ふほどに/枕草子 142
[可能] あつかえる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

扱うの関連キーワードセキュリティークリアランスコモンダイアログボックスシステム・オペレーターマタニティークリニックビデオキュレーター角川ソフィア文庫ソフトサイエンスエンブリオロジー鼻先であしらうドンスアン市場RIS FAXマルチメディアガウスの公式量子統計力学ローカル放送非圧縮性流体手心を加えるナガオカ文庫手車に乗せる岩石成因学

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

扱うの関連情報