コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扱う アツカウ

2件 の用語解説(扱うの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あつか・う〔あつかふ〕【扱う】

[動ワ五(ハ四)]
道具・機械などを、使ったり操作したりする。取り扱う。「壊れやすいので丁寧に―・う」「旋盤を―・う」
物事をとりさばく。仕事として処理する。「事務を―・う」「輸入品を―・う店」
人をもてなす。世話をする。「大ぜいの客を―・う」
ある身分・役割・状態にあるものとして遇する。「大人として―・う」「欠席として―・う」
特に取り上げて問題にする。「環境問題を―・った番組」「新聞で大きく―・われる」
調停する。仲裁する。「けんかを―・う」
看護する。
「病者のことを思う給へ―・ひ侍るほどに」〈・夕顔〉
持て余す。処置に困る。
「皆この事を―・ひて議するに」〈今昔・一〇・五〉
うわさをする。
「人々も、思ひの外なることかなと―・ふめるを」〈・紅葉賀〉
[可能]あつかえる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あつかう【扱う】

( 動五[四] )
道具・機械・品物などを、手で動かしたり持ったりして操作・使用する。取り扱う。 「この装置は訓練を受けないと-・えない」 「劇薬を-・う」
ある物を業務の対象とする。取り扱う。担当する。 「洋書は二階で-・っています」 「刑事事件を専門に-・う」 「社会問題を-・った本」
人にある態度で応対する。 「人を邪険に-・う」 「頑固で-・いにくい人」
(「 A を B としてあつかう」の形で)処遇する。処理する。 「一人前の社会人として-・う」 「遅刻三回を欠席一回として-・う」
他人の紛争やけんかを仲裁する。 「ケンカヲ-・ッテ仲ヲ直ス/ヘボン 三版
あれこれとうわさをする。いろいろ言う。 「人々も、思ひの外なる事かなと-・ふめるを/源氏 紅葉賀
処置に困る。もてあます。 「多く取らむと騒ぐものは、なかなかうちこぼし-・ふほどに/枕草子 142
[可能] あつかえる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

扱うの関連キーワード諍う支う為合う衒う綯う拭う肯う囲まう切払う付添う

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

扱うの関連情報