裁定為替相場(読み)さいていかわせそうば(英語表記)arbitrated exchange rate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

裁定為替相場
さいていかわせそうば
arbitrated exchange rate

基準為替相場と,ドル以外の外国通貨のドルに対するクロス・レートから間接的に算出される為替レート平準相場 parity quotationともいう。外国為替及び外国貿易法外為法)上の裁定為替相場とは,財務大臣が外為法に基づいて決める,円とドル以外の外国通貨との交換レートをいう。かつては基準為替相場と各国通貨の IMF平価(→平価),または当該通貨のドルとの実勢レートから裁定されていたが,1978年から基準為替相場と,ドル以外の通貨のドルに対する実勢レートによって算出されることとなった。今日,主要通貨は変動為替相場制度をとっているため,各国通貨は市場実勢によって裁定されており,外為法上の裁定為替相場は意義を失っている。(→外国為替

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android