コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

複合不況 ふくごうふきょうcombined recession

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

複合不況
ふくごうふきょう
combined recession

経済学者,宮崎義一が同名の書で唱えた現在の世界不況への分析視角。 1980年代後半以降の不況には,従来の景気循環だけではなく,日米欧で多発しているバブル崩壊現象が影を落しており,不況脱出策を見出すには,バブル形成を推し進めた金融自由化とそれによる企業金融の変化まで分析する必要があると説く。政府・日銀はバブルと実態経済とを切離して考える傾向が強く,バブル崩壊によるストック面からの調整という側面を軽視したことが今回の不況を深刻化させたともいえるだけに,注目に値する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

複合不況【ふくごうふきょう】

バブル経済の崩壊に続く不況を表す言葉で,宮崎義一の同名著書(1992年)による。この不況の特徴は,単なる景気循環的なフローの在庫調整だけでなく,バブル崩壊による株や土地,建物などストックの調整過程が重なり合っていることであるとする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

複合不況の関連キーワード宮崎 義一経済思想地価

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

複合不況の関連情報