複合用途開発(読み)ふくごうようとかいはつ(英語表記)mixed use development

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

複合用途開発
ふくごうようとかいはつ
mixed use development

アメリカ合衆国において 1960年代以降発展した都市開発の概念。複合開発とも訳される。略称 MXD。複数の異なる用途建築物土地などを組み合わせて開発する。おもにオフィスショッピングセンター,ホテル,住宅,映画館,劇場などの施設からなり,広場やアトリウムなどを介した一大建築群を形成する。日本の大都市圏においても,土地の高度利用と都市活動の活性化のための開発手法として採用されてきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android