コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

複合用途開発 ふくごうようとかいはつmixed use development

1件 の用語解説(複合用途開発の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

複合用途開発
ふくごうようとかいはつ
mixed use development

アメリカ合衆国において 1960年代以降発展した都市開発の概念。複合開発とも訳される。略称 MXD。複数の異なる用途の建築物,土地などを組み合わせて開発する。おもにオフィス,ショッピングセンター,ホテル,住宅,映画館,劇場などの施設からなり,広場やアトリウムなどを介した一大建築群を形成する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

複合用途開発の関連キーワードメタボリズム安保闘争朝鮮映画電子工業日本社会党韓国市民運動農家経済第5世代コンピューターR.E.M.

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

複合用途開発の関連情報