コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

複縦線 ふくじゅうせんdouble bar

翻訳|double bar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

複縦線
ふくじゅうせん
double bar

音楽用語。譜表上の小節線 (縦1本) の代りに縦に2本引かれ,楽曲の段落や終止を表わす。終止の場合うしろの1本が太い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふく‐じゅうせん【複縦線】

楽譜で、楽曲の段落や曲の終止を示すための2本の垂直線。終止を示す場合は右側の線を太くする。→単縦線

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふくじゅうせん【複縦線】

楽譜に引かれた二本の垂直線。二本が同じ太さのものは楽曲の段落を示すときや拍子・調の変わるときに用いられ、右側が太いものは楽曲の終止を示すのに用いられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の複縦線の言及

【譜表】より

…音符や休符はこれらの線上または線間に記されるが,5線の音域を上下に3度以上越える場合は,臨時に短い加線(かせん)が加えられる。譜表に付随する記号には,このほか音部記号調号,拍子記号,縦線,複縦線,連結括弧(ブレース)などがある。音部記号によって特定の線の音高が定められ,自動的に他の線の相対音高と譜表全体の基本音域も確定される。…

※「複縦線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報