コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褐色脂肪組織 カッショクシボウソシキ

3件 の用語解説(褐色脂肪組織の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かっしょく‐しぼうそしき〔‐シバウソシキ〕【褐色脂肪組織】

脂肪細胞の種類の一。白色脂肪組織から遊離した脂肪酸を取り込んでエネルギーを燃焼させ熱を生産する。首・肩甲骨の周囲などに少量存在する。乳幼児に比較的多く、成長とともに減少する。多胞性脂肪細胞褐色脂肪細胞

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

褐色脂肪組織

 BATと略す.褐色を呈する独特の脂肪組織で,構成する脂肪細胞ミトコンドリアに富み,そのミトコンドリアの内膜にアンカップリングタンパク質 (UCP) とよばれる特有のタンパク質が存在してHを輸送し,電位差ポテンシャルを解消してしまうため,ATPを生成することなく基質を酸化して発熱する.体温維持のためと考えられる.ヒトでは乳児に多く,成人ではきわめて少ない.股関節,肩胛骨の近くなどに分布.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かっしょくしぼうそしき【褐色脂肪組織】

哺乳ほにゆう類の頸けい部・肩甲部にある褐色の特殊な脂肪組織。脂肪分解の能力が大きく、急激に多量の熱を産生する。冬眠動物によく発達し、冬眠から覚める時の体温上昇に働く。冬眠腺。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の褐色脂肪組織の言及

【脂肪組織】より

…これらの細胞に脂肪滴がたまると脂肪組織となる。ネズミやコウモリの左右の肩甲骨のあいだには,褐色脂肪組織とよばれる褐色の特殊な脂肪組織がある。細胞内の脂肪滴が小さく散在する点とクリスタの緻密(ちみつ)な特有なミトコンドリアが多数認められることが褐色脂肪細胞の特色である。…

※「褐色脂肪組織」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

褐色脂肪組織の関連キーワード黒癩白色脂肪組織異種脂肪褐色脂肪黄豚鶏油シス脂肪酸脂肪組織切除腎臓周囲脂肪組織蓄積脂肪

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

褐色脂肪組織の関連情報