コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

襟裳岬灯台

デジタル大辞泉プラスの解説

襟裳岬灯台

北海道幌泉郡えりも町にある灯台。初点灯は1889年。高さは13.7m。「日本の灯台50選」のひとつ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

襟裳岬灯台

1889年6月に点灯・運用が始まった。燈光会によると、周辺海域は古くから海の難所として知られる一方、「えりも堆(たい)」と呼ばれる好漁場で、船舶交通の安全を図るため灯台が置かれた。現在の灯台は1950年に建て替えられた。

(2016-11-01 朝日新聞 夕刊 1社会)

襟裳岬灯台

1889年6月に点灯・運用が始まった。燈光会によると、周辺海域は古くから海の難所として知られる一方、「えりも堆(たい)」と呼ばれる好漁場で、船舶交通の安全を図るため灯台が置かれた。現在の灯台は1950年に建て替えられた。

(2016-11-02 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

襟裳岬灯台の関連キーワード北海道幌泉郡えりも町襟裳岬

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android