コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西下経一 にしした きょういち

2件 の用語解説(西下経一の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

西下経一

文学者。岡山県生。岡山大学東京教育大学上智大学各教授。著書に『古今集の伝来の研究』『和歌史論』『更科日記新釈』等がある。文学博士。昭和39年(1964)歿、65才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西下経一 にしした-きょういち

1898-1964 昭和時代の国文学者。
明治31年5月10日生まれ。六高,岡山大,東京教育大,上智大などの教授を歴任。平安時代文学,和歌史が専攻で,「古今和歌集」の研究で知られた。昭和39年1月17日死去。65歳。岡山県出身。東京帝大卒。旧姓は河村。著作に「古今集の伝本の研究」「更級(さらしな)日記新釈」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の西下経一の言及

【古今和歌集】より

…明治以後の業績は古写資料の公刊と整理が大きい。第2次大戦後の西下経一《古今集の伝本の研究》(1954)は古写本の系統論的研究の模範的な作で,以後の研究の基礎を置いた。久曾神昇《古今和歌集成立論》4冊(1960‐61)は多くの資料を収集,整理して詳細な解説を付し,独自の見解を加えたもので,《古今集》の研究はここに資料的基礎が置かれた。…

※「西下経一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone