コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西原清東 さいばら きよき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西原清東 さいばら-きよき

1861-1939 明治-昭和時代前期の農場経営者,政治家。
文久元年9月8日生まれ。明治19年弁護士,31年衆議院議員(政友会),32年同志社社長。37年アメリカのテキサス州に西原農場を開設,米作に成功してライス-キングとよばれた。昭和14年4月11日死去。79歳。土佐(高知県)出身。神田茂松学校中退。通称は清東(せいとう)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

西原清東

没年:昭和14.4.11(1939)
生年:文久1.9.8(1861.10.11)
明治期の代言人,政治家。のちテキサスの米作王。高知県出身。板垣退助の立志学舎,神田茂松学校で学び司法代言人(弁護士)となる。明治25(1892)年の第2回臨時総選挙での政府の選挙干渉は高知で激しく,西東は当選無効の訴訟を起こして勝訴した。31年の第6回総選挙には憲政党より立候補して当選,全国最年少議員となる。徴兵問題で危機下の同志社を社長となって救った。明治35年全地位を棄てて渡米,神学校に学んで海外発展思想を抱く。全財産を処分してテキサスに西原農場を開設,郷里より移民を導入して南部一帯に米作産業を興し,「ライス・キング」と呼ばれた。のち,事業を多角的に拡張したが,排日機運が高まるなかでブラジルに日本人大集団地建設を構想,大正7(1918)年にブラジルへ再移住。サンパウロ方面で甘蔗栽培と米作,アマゾン地域で米作などを試作したが,市場不足で挫折。ブラジル滞在14年で諦め,以後フィリピン,台湾でも同様の試みを続けた。日本民族の非軍事的,平和的かつ民族性を失わない海外発展の可能性を最後まで追求した。<参考文献>猪野正義『巨人西原清東』

(前山隆)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

西原清東の関連キーワード斎藤寅次郎久松静児マキノ雅広吉村公三郎大庭秀雄清水宏森一生オセアニア史(年表)ピアソン第2次世界大戦

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西原清東の関連情報