コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西域水道記 せいいきすいどうきXi-yu Shui-daoji; Hsi-yü Shui-tao-chi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西域水道記
せいいきすいどうき
Xi-yu Shui-daoji; Hsi-yü Shui-tao-chi

中国,清代に東トルキスタン水系をもとにして,地理,歴史を記した書。5巻。徐松撰。イリ流刑された撰者実地踏査して書いたもので,名著といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せいいきすいどうき〔セイヰキスイダウキ〕【西域水道記】

中国の地理・歴史書。5巻。の徐松撰。1823年刊。天山南路天山北路の地理や歴史を、実地調査をもとに、水系を中心に記述したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいいきすいどうき【西域水道記】

中国の地理書。五巻。清の徐松の撰。1823年刊。天山南北路(新疆)の水系を中心として近辺の地理・歴史を記す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

西域水道記の関連キーワード西域(せいいき)天山南北路敦煌莫高窟