西堂(読み)セイドウ

デジタル大辞泉の解説

せい‐どう〔‐ダウ〕【西堂】

禅宗院で、その寺院の先代住職を東堂とよぶのに対して、他の寺院の前住職をよぶ語。西を賓位客位)とするところからいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいどう【西堂】

〘仏〙
〔西は客の座る位置であることからいう〕 禅宗で他の寺を隠退した長老で、その寺に来て教化を助けるもの。西庵。 → 東堂
僧位の一。住持の次に位し、修行僧の指導にあたる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西堂の関連情報