コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西堂 セイドウ

デジタル大辞泉の解説

せい‐どう〔‐ダウ〕【西堂】

禅宗院で、その寺院の先代住職を東堂とよぶのに対して、他の寺院の前住職をよぶ語。西を賓位客位)とするところからいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいどう【西堂】

〘仏〙
〔西は客の座る位置であることからいう〕 禅宗で他の寺を隠退した長老で、その寺に来て教化を助けるもの。西庵。 → 東堂
僧位の一。住持の次に位し、修行僧の指導にあたる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

西堂の関連キーワード伊都内親王願文尚書古文疏証田万川[町]大久保 道舟秋野 孝道福山 黙堂熊沢 泰禅来馬 琢道千田 是也岸沢 維安鷹見泉石由利滴水岸沢惟安活宗洞猊由利適水仲安真康仏母恵選田万川修行僧教化

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西堂の関連情報