コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淳化閣帖 じゅんかかくじょう Chun-hua-ge-tie

3件 の用語解説(淳化閣帖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

淳化閣帖
じゅんかかくじょう
Chun-hua-ge-tie

中国,宋代の集帖。正しくは『淳化秘閣法帖』,略して『閣帖』ともいう。淳化3 (992) 年,太宗が翰林侍書の王著に命じて内府所蔵の歴代の法帖の名蹟を編纂,上刻 (原本は木刻) させたもの。 10巻。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

淳化閣帖【じゅんかかくじょう】

中国,宋代,淳化3年(992年)太宗の命により,王著(おうちょ)が内府所蔵の歴代の書跡を刻したもの。歴代帝王法帖(巻1),歴代名臣法帖(巻2〜4),諸家古法帖(巻5),王羲之(巻6〜8),王献之(巻9,10)の全10巻。
→関連項目西安碑林

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じゅんかかくじょう【淳化閣帖 Chún huà gé tiè】

中国,宋の太宗が淳化3年(992),翰林侍書王著に命じ,内府所蔵の法書を出し,名品を選択し,法帖として摹刻(もこく)させたのがこれである。全10巻で,巻一は歴代帝王法帖,巻二~四は歴代名臣法帖,巻五は諸家古法帖,巻六~八は王羲之,巻九~十は王献之をおさめている。法帖の権威として認められ,宋代に絳帖(ごうじよう),潭帖(たんじよう),大観帖その他多くの翻刻本または増補校訂本が行われ,明代以後にも多くの翻刻本ができている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の淳化閣帖の言及

【法帖】より

…また《澄清堂帖》を南唐李煜(りいく)の刻帖とする説もあったが,今日では南宋の施宿が海陵で刻したものと考えられている。はっきりしているものでは,宋太宗の淳化3年(992)に勅命によって王著が刻した《淳化閣帖》が最も古く,祖帖(法帖の祖)として以後典型として君臨する。その内容は10巻よりなり,第1巻は歴代帝王法帖,第2~4巻は歴代名臣法帖,第5巻は諸家古法帖,第6~8巻は王羲之書,第9・10巻が王献之書が納められ,二王が半ばを占めている。…

※「淳化閣帖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

淳化閣帖の関連キーワード王欽若徐鉉晋書褚遂良燕然都護府華清宮翰林興京帝範帖学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone