淳化閣帖(読み)じゅんかかくじょう(英語表記)Chun-hua-ge-tie

  • 淳化閣帖 Chún huà gé tiè

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国,代の集帖。正しくは『淳化秘閣法帖』,略して『閣帖』ともいう。淳化3 (992) 年,太宗が翰林侍書の王著に命じて内府所蔵の歴代の法帖の名蹟を編纂,上刻 (原本は木刻) させたもの。 10巻。巻1は歴代帝王法帖,巻2~4は歴代名臣法帖,巻5は諸家古法帖,巻6~8は王羲之,巻9~10は子の献之の法書を集刻し,二王がそのなかばを占める。宋代以降多くの翻刻本増補改訂した刻本が作られた。法帖の権威として尊重され,書法の規範とされている。清代に出た,原本の標題や配列などの誤りを正し釈文を付した『欽定重刻本』,考証を加えた王樹撰の『淳化秘閣帖考正』が知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

中国,宋代,淳化3年(992年)太宗の命により,王著(おうちょ)が内府所蔵の歴代の書跡を刻したもの。歴代帝王法帖(巻1),歴代名臣法帖(巻2〜4),諸家古法帖(巻5),王羲之(巻6〜8),王献之(巻9,10)の全10巻。翻刻本が多く作られた。→法帖
→関連項目西安碑林

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

中国,宋の太宗が淳化3年(992),翰林侍書王著に命じ,内府所蔵の法書を出し,名品を選択し,法帖として摹刻(もこく)させたのがこれである。全10巻で,巻一は歴代帝王法帖,巻二~四は歴代名臣法帖,巻五は諸家古法帖,巻六~八は王羲之,巻九~十は王献之をおさめている。法帖の権威として認められ,宋代に絳帖(ごうじよう),潭帖(たんじよう),大観帖その他多くの翻刻本または増補校訂本が行われ,明代以後にも多くの翻刻本ができている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の淳化閣帖の言及

【法帖】より

…また《澄清堂帖》を南唐李煜(りいく)の刻帖とする説もあったが,今日では南宋の施宿が海陵で刻したものと考えられている。はっきりしているものでは,宋太宗の淳化3年(992)に勅命によって王著が刻した《淳化閣帖》が最も古く,祖帖(法帖の祖)として以後典型として君臨する。その内容は10巻よりなり,第1巻は歴代帝王法帖,第2~4巻は歴代名臣法帖,第5巻は諸家古法帖,第6~8巻は王羲之書,第9・10巻が王献之書が納められ,二王が半ばを占めている。…

※「淳化閣帖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android