コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西村太郎右衛門 にしむら たろうえもん

2件 の用語解説(西村太郎右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西村太郎右衛門 にしむら-たろうえもん

1603-1651 江戸時代前期の貿易商。
慶長8年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)の人。朱印船の船員として安南(ベトナム)に渡航。鎖国令のため帰国を断念し,絵馬を郷里の日牟礼(ひむれ)八幡宮に奉納した。絵馬の奉納銘には正保(しょうほ)4年(1647)の年記がある。慶安4年2月10日死去。49歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

西村太郎右衛門

生年:生没年不詳
江戸前期の貿易商人。屋号は安南屋。近江国蒲生郡八幡町(滋賀県近江八幡市)出身。木綿商初代喜右衛門の子。寛永年間(1624~44),朱印船乗組員として安南国(ベトナム)へ渡航。同地の日本町に居住し,巨利を博したといわれる。日本への帰国をはかったが,江戸幕府による鎖国令発令のため果たせず,異国の地で客死した。正保4(1647)年3月吉日付の貿易船絵馬一面が,太郎右衛門より八幡町日牟礼神社へ献納されている。現在では,この絵馬のみが同人の活躍を伝えている。なお,この絵馬は明治40(1907)年5月27日,国宝に指定されている。<参考文献>川島元次郎『朱印船貿易史』

(岩崎義則)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

西村太郎右衛門の関連キーワード徳川氏堀田正盛丸橋忠弥由比正雪丸橋忠弥徳川家光由井正雪・由比正雪丸橋忠弥幸阿弥家エリザベス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone