西條 八十(読み)サイジョウ ヤソ

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の詩人,作詞家,フランス文学者



生年
明治25(1892)年1月15日

没年
昭和45(1970)年8月12日

出生地
東京市牛込区払方町(現・東京都新宿区)

学歴〔年〕
早稲田大学英文科〔大正4年〕卒

主な受賞名〔年〕
リヒャルト・シュトラウス賞〔昭和37年〕,勲三等瑞宝章〔昭和43年〕

経歴
早大在学中から「早稲田文学」などに作品を発表、「未来」同人となる。大正7年鈴木三重吉の「赤い鳥」創刊に参加、童謡「かなりあ」を発表。以後、北原白秋、野口雨情とならぶ大正期の代表的童謡詩人として、多くの童謡を発表した。8年第一詩集「砂金」を刊行、9年訳詩集「白孔雀」を刊行。10年早大英文科講師となり、13年ソルボンヌ大学に留学、帰国後早大仏文科助教授、昭和6年教授に就任。また、流行歌から軍歌まで幅広い分野で作詞家としても活躍し、「東京行進曲」(昭4年)、「東京音頭」「サーカスの唄」(昭8年)などがヒットした。戦後は早大を辞し、ランボーの研究に打ち込んだ。日本詩人クラブ初代理事長、日本音楽著作権協会会長など歴任。詩集に「砂金」「見知らぬ愛人」「蠟人形」「西條八十詩集」「美しき喪失」「黄菊の館」「一握の玻璃」、「西條八十童謡全集」、評論集に「アルチュール・ランボオ研究」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西條 八十の関連情報