コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西武百貨店 せいぶひゃっかてん

2件 の用語解説(西武百貨店の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西武百貨店
せいぶひゃっかてん

百貨店。本社は東京都豊島区南池袋。 1940年武蔵野鉄道 (→西武鉄道 ) が京浜百貨店系の菊野デパートを買収し武蔵野デパートとして創業,1949年現社名に変更。 1956年西武ストアーを設立してスーパー業界にも参入 (→西友 ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

西武百貨店

正式社名「株式会社西武百貨店」。英文社名「THE SEIBU DEPARTMENT STORES, LTD.」。小売業。昭和15年(1940)「株式会社武蔵野デパート」設立。同24年(1949)現在の社名に変更。本社は東京都豊島区南池袋。セブン&アイグループの百貨店。そごうと共同で設立した持株会社ミレニアムリテイリング傘下。北海道・東北・関東・東海・近畿・北陸地方に店舗展開。池袋本店の来店客数は国内トップクラス。平成21年(2009)「株式会社ミレニアムリテイリング」とともに「株式会社そごう」に吸収合併、「株式会社そごう・西武」となる。

出典|講談社
日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

世界大百科事典内の西武百貨店の言及

【池袋】より

… 第2次世界大戦後大きく発展し,長い間続いた駅周辺の闇市も55年ころから区画整理されたり本格的店舗へと変わっていった。1940年設立された武蔵野デパートは49年西武百貨店と改称,83年には日本一の売上高を誇る大規模デパートへと発展した。駅周辺には東口に西武に続くパルコ,三越,西口に東武,丸井などの大型店舗があり,そのほかきわめて多くの小売店が集中している。…

【西武鉄道】より

…康次郎の死後,義明が後継者となり,事業を発展させたが,これらの土地は第2次大戦後のインフレによって価格が高騰し,含み価値は現在,10兆円を上回るともいわれる。 これに対し,義明の異母兄,堤清二に率いられるセゾングループは(株)西武百貨店,(株)西友,(株)パルコ,(株)クレディセゾン(旧,(株)緑屋)など約100社から成るが,その内容の大部分は清二の代になってから形成された。グループの連結売上高は約1兆3000億円(1996年度)。…

※「西武百貨店」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

西武百貨店の関連キーワード633美の里いの(町)吾北自民党総裁選愛知名港花き地方卸売市場(仮称)インドの自動車市場ホスピスアジア太平洋インポートマート(AIM)モナクカバキチ契約金の最高標準額

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西武百貨店の関連情報