コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西竹坡 にし ちくは

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西竹坡 にし-ちくは

1779-1843 江戸時代後期の画家。
安永8年生まれ。讃岐(さぬき)(香川県)の人。大坂の材木商の養子となる。絵を浜田杏堂(きょうどう)に,書を木村蒹葭堂(けんかどう)にまなぶ。宴席では談論風発,座の人の喝采を博したという。天保(てんぽう)14年8月3日死去。65歳。本姓は寺島。名は白受。字(あざな)は采卿。通称は勘右衛門。別号に酔墨主人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

西竹坡の関連キーワードライト後桃園天皇カージャール朝ティチングブロンホフ後桃園天皇平賀源内カージャール朝後桃園天皇浦上玉堂

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android