コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西郷千重子 さいごう ちえこ

1件 の用語解説(西郷千重子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西郷千重子 さいごう-ちえこ

1835-1868 幕末の女性。
天保(てんぽう)6年生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)家老西郷頼母と結婚,おおくの子にめぐまれた。慶応4年8月23日新政府軍の会津攻めのとき,夫の鶴ケ城入城をみおくったのち,いあわせた家族,親戚等21人とともに自刃(じじん)した。34歳。本姓は飯沼。
【格言など】嫋竹(なよたけ)の風にまかする身ながらも撓(たわ)まぬふしのありとこそ聞け(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

西郷千重子の関連キーワード村井政礼木村貫山河原きく子三枝蓊神保雪子仙田雪高杉左膳能美平吾三上超順安岡覚之助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone