コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西郷孤月 さいごう こげつ

美術人名辞典の解説

西郷孤月

日本画家。長野県生。名は規。東美校卒。初め狩野友信に学ぶ。在学中に橋本雅邦に認められ、卒業後同校助教授となる。日本美術院の創立に加わり、横山大観・下村観山らとともに朦朧体の実験を進め、透明感のある色彩と冴えた筆技の花鳥山水を生み出した。のち日本美術院を離れ、台湾など各地を放浪。大正元年(1912)歿、40才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西郷孤月 さいごう-こげつ

1873-1912 明治時代の日本画家。
明治6年9月23日生まれ。29年母校東京美術学校(現東京芸大)の助教授となる。31年師の橋本雅邦とともに辞職し,日本美術院の創立に参加。雅邦の娘と結婚,将来を期待されたが,のち離婚し,放浪生活をおくった。大正元年8月31日死去。40歳。長野県出身。本名は規。作品に「春暖」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

西郷孤月の関連キーワード明治時代江中無牛

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android