コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナメ

デジタル大辞泉の解説

かなめ【要】

ある物事の最も大切な部分。要点。「組織のとなる人」「肝心
扇の骨をとじ合わせるために、その末端に近い部分に穴をあけてはめ込む釘。蟹(かに)の目。
要黐(かなめもち)」の略。

よう〔エウ〕【要】

物事の大事な点。かなめ。要点。「を得た説明」「はやる気だ」
必要であること。入用。「再考のがある」

よう【要】[漢字項目]

[音]ヨウ(エウ)(呉)(漢) [訓]かなめ いる もとめる
学習漢字]4年
求める。「要求要請強要需要
なくてはならぬとする。いる。「要注意所要必要不要
締めくくる。まとめる。「要約概要大要
大切なところ。かなめ。「要因要害要所要職要素要点要領肝要紀要主要重要枢要切要摘要法要
待ち受ける。「要撃
[名のり]しの・とし・もとむ・やす

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かなめ【要】

物事の最も大切な点や事柄、また人物。要点。 「チームの-」 「肝心-のところで失敗する」
扇の骨を留めるのに用いる釘。また、扇の骨を留める場所。
「要黐かなめもち」の略。

よう【要】

物事の大切な部分。物事のかなめ。
必要であること。なくてはならないこと。 「再考の-がある」 「 -のないお饒舌しやべりをするわけではない/婦系図 鏡花」 → ようは
名詞などの上に付いて、そのものが必要である意を表す。 「 -注意」 「 -確認」 「 -書類」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

要の関連情報