コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナメ

デジタル大辞泉の解説

かなめ【要】

ある物事の最も大切な部分。要点。「組織のとなる人」「肝心
扇の骨をとじ合わせるために、その末端に近い部分に穴をあけてはめ込む釘。蟹(かに)の目。
要黐(かなめもち)」の略。

よう〔エウ〕【要】

物事の大事な点。かなめ。要点。「を得た説明」「はやる気だ」
必要であること。入用。「再考のがある」

よう【要】[漢字項目]

[音]ヨウ(エウ)(呉)(漢) [訓]かなめ いる もとめる
学習漢字]4年
求める。「要求要請強要需要
なくてはならぬとする。いる。「要注意所要必要不要
締めくくる。まとめる。「要約概要大要
大切なところ。かなめ。「要因要害要所要職要素要点要領肝要紀要主要重要枢要切要摘要法要
待ち受ける。「要撃
[名のり]しの・とし・もとむ・やす

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かなめ【要】

物事の最も大切な点や事柄、また人物。要点。 「チームの-」 「肝心-のところで失敗する」
扇の骨を留めるのに用いる釘。また、扇の骨を留める場所。
「要黐かなめもち」の略。

よう【要】

物事の大切な部分。物事のかなめ。
必要であること。なくてはならないこと。 「再考の-がある」 「 -のないお饒舌しやべりをするわけではない/婦系図 鏡花」 → ようは
名詞などの上に付いて、そのものが必要である意を表す。 「 -注意」 「 -確認」 「 -書類」
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

要 (カナメ)

植物。バラ科の常緑小高木,園芸植物。カナメモチの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

要の関連キーワード異常なし/要再検/要精検/要観察/要治療介護保険の申請から認定まで神奈川県平塚市平塚介護保険被保険者証介護保険制度の改定高齢者デイサービス介護保険法の改正介護予防サービス避難行動要支援者今夜だけきっと混合型特定施設災害時要援護者安位寺殿御自記要援護者名簿二次予防事業要介護高齢者要介護認定要介護状態要支援認定要支援状態

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

要の関連情報