見ると聞くとは大違い(読み)みるときくとはおおちがい

ことわざを知る辞典「見ると聞くとは大違い」の解説

見ると聞くとは大違い

話に聞いていたことと実際に見たものとでは大きな相違がある。実際に見てみると、づてに聞いていたことや世間の評判と大きく違っていて期待を裏切られたときに使うことが多い。

[使用例] 来てみると、見ると聞くとは大きな違い、どこにそんな大親分がいらっしゃるか、どこに天下分け目のドバが御開帳になっているか、てんで烟も見えやしません[中里介山*大菩薩峠|1913~41]

[類句] 聞いて極楽見て地獄

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「見ると聞くとは大違い」の解説

るとくとは大違おおちが

人から聞いて想像するのと、実際に見るのとでは、大変な相違がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android