コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見脈 ケンミャク

デジタル大辞泉の解説

けん‐みゃく【見脈】

(「検脈」とも書く)脈をみて診断すること。「検温見脈
「―にして病を指す」〈滑・浮世風呂・前〉
外見から推察すること。
「旅を歩くが商売といったら、たいてい―でも知れさうなことだ」〈滑・続膝栗毛・四〉
剣幕(けんまく)」に同じ。
「生肝でも抜きさうな―だから」〈・七偏人・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんみゃく【見脈】

脈をみること。脈をみて病状を知ること。 「 -にして病を指す/滑稽本・浮世風呂
外見から推察すること。 「旅を歩くが商売といつたら大体-でも知れさうなことだ/滑稽本・続膝栗毛」
剣幕けんまく」に同じ。 「ぱち〱としたる眼を、またつりあげし-にて/人情本・辰巳園

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

見脈の関連キーワードドクトル・マブゼ剣幕・見幕・権幕人情本滑稽本

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android