コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

視線恐怖 しせんきょうふ

1件 の用語解説(視線恐怖の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しせんきょうふ【視線恐怖】

対人恐怖症の一種。他人の視線を気にし,対人関係が円滑に結べなくなった状態。正常人でも,とくに思春期にはこの傾向がみられるが,社会化とともにこの状態が消失していくのが普通である。視線恐怖はさまざまな疾患にみられる症状であるが,典型的なものは神経症の一類型である森田神経質である。これは,〈人によく思われたい〉〈ぼろを出すまい〉という心理機制から,他人との円滑な人間関係を切望しながらも人間関係を回避しているうちに,症状が悪化する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

視線恐怖の関連情報