コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

境界例 きょうかいれい

2件 の用語解説(境界例の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

きょうかいれい【境界例】

 境界性人格障害とも呼ばれます。表面に出ている症状はうつや過食などでも、よく観察すると、境界例の特徴が基盤にあることがよくあります。
 境界例の患者さんは、対人関係上の不安定さが目立ちます。ある時期は、特定の人を非常に理想化したかと思うと、ちょっとしたきっかけで同じ人を急に蔑(さげす)んだりします。ひとりでいることに強い苦痛を覚え、いつも誰かと一緒にいようとしますが、安定した人間関係は築けません。
 他人に対してだけでなく、自己評価も浮き沈みが激しく、気分も変わりやすいのが特徴です。仕事や学業も、非常にうまくいく時期とそうでない時期の差が大きいことが多いのです。
 急に自己嫌悪におちいると、手首切り、大量服薬、大量飲酒、過食などの衝動行為が生じることがよくあります。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

百科事典マイペディアの解説

境界例【きょうかいれい】

もともとは〈精神病神経症の境界上の病態〉という意味で,ボーダーラインともいうが,最近では人格障害として位置づけられる傾向にある。 ふだんの行動は普通であっても心は不安定で,正常と異常の間で揺れ動き,感情や行動をコントロールできない,安定した豊かな人間関係を築けない,社会における生き方が定まらない,他人を巻き込み,周囲を振り回すなどの特徴がある。
→関連項目出社拒否症精神分析療法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

境界例の関連情報