対人恐怖症(読み)たいじんきょうふしょう(英語表記)anthropophobia

知恵蔵の解説

対人恐怖症

他者といる場面で不安を感じて緊張し、軽蔑されるのではないか、不快感を与えているのではないかと心配し、対人関係から身を引いてしまう障害。赤面恐怖視線恐怖、自己臭恐怖、醜形恐怖など、症状ごとの呼び名がある。思春期に多く、自我の目覚めに関連した自意識の病という一面がある。人前で赤くなったり震えたりすることを恥じ、自らの劣等性に悩むが、その背後には「かくあらねばならない」という自己イメージがあり、弱気と強気の共存が指摘される。多くの人は、自宅や全く知らない人の中では平気だが、ある程度関係のある人の前で緊張する。日本人の心性との関係から多くの研究がなされ、とらわれている自分をそのまま受け入れていくこと(「あるがまま」という姿勢)を重視した森田療法という独特の治療法も開発された。近年、DSM(DSM‐IV)やICD(国際疾病分類)では、類似の病態として社会恐怖(social phobia)が記載されている。

(田中信市 東京国際大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

対人恐怖症【たいじんきょうふしょう】

人前で話す,文字を書く,食事をする,会話をする,試験を受けるなど,人から直接的・間接的に評価される状況を恐れて,避ける病気のこと。自分がどう見られているのかが気になる場面や,特に中途半端に顔見知りの人たちと同席する場で陥りやすい。 激しい緊張,あがり,自意識過剰,心臓がドキドキする,全身が震えたり汗をかく,といった症状がある。自分の症状を気にすればするほど起こりやすくなる。 自分の内面を見つめはじめる思春期や,コミュニケーションが多様になる青年期に多発する。対人恐怖症になると他人との交流がうまくできず,ごく限られた友人しか持てなかったり,なかには学校を中退したり,仕事を辞める人もいる。一方では,親や教師にとっての〈よい子〉で,失敗や恥辱(ちじょく)に敏感な性格の人にもみられる。対人恐怖症から自尊心が低下して,鬱(うつ)状態になったり,アルコール依存症になるケースもある。 治療は,行動療法森田療法などが効果がある。→恐怖症赤面恐怖症

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいじんきょうふしょう【対人恐怖症 anthropophobia】

他人と同席する場面で,極度の緊張・不安に陥り,そのために他人に不快感を与えるのではないか,軽蔑されはしまいかと悩むもので,対人恐怖というより,対人関係恐怖というほうがふさわしい。神経症の一類型である森田神経質でよくみられ,亜型には赤面恐怖,視線恐怖,正視恐怖,体臭恐怖,醜形恐怖,吃音恐怖などがある。森田療法が効果的である。精神分裂病や鬱(うつ)病などでもみられるが,これらの病気をもつ人では神経症に比して人嫌いの傾向が強い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たいじんきょうふしょう【対人恐怖症】

神経症の一。人に会うことを恐れて避けようとしたり、人に会うと極度にどぎまぎしたりするもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たいじん‐きょうふしょう ‥キョウフシャウ【対人恐怖症】

〘名〙 対人場面を過剰に緊張し避けようとする神経症。社交恐怖
※天の上の天(1963)〈陳舜臣〉三「池内はこどものころから対人恐怖症だった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の対人恐怖症の言及

【恐怖症】より

…特定の対象,行為あるいは状況に対する過度で不合理な恐怖を示す状態。phobiaは〈恐れ・逃走〉を意味するギリシア語フォボスphobosに由来する。このような恐怖をもつ人物は,恐怖すべき対象,行為あるいは状況を避けるようになる。この回避行動が社会生活に支障をきたすものとなれば,治療を必要とする神経症の一類型となる。もっとも,軽度の恐怖は,多くの人に見られるもので,社会生活に影響を及ぼすほどのものではない。…

【青年期】より

…精神病ではないが,神経性無食欲症は女子の青年前期にもっとも多く発病し,またの名を〈思春期やせ症〉という。対人恐怖症という神経症も青年前期にはじまることが多い。日本では最近,以上のような昔から知られる青年病のほかに,登校拒否家庭内暴力,リストカット型自殺企図,過食などの新種の社会行動上の障害が話題にされる。…

※「対人恐怖症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

対人恐怖症の関連情報