コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚仁法親王 かくにんほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚仁法親王 かくにんほうしんのう

1198-1266 鎌倉時代,後鳥羽天皇の皇子。
建久9年生まれ。母は滝。法住寺にはいる。建保(けんぽ)6年(1218)親王となる。同年(一説に仁治(にんじ)3年)天台宗園城寺(おんじょうじ)長吏宝治(ほうじ)2年熊野三山・新熊野検校となり,後嵯峨上皇の熊野行幸の先達をつとめる。備前(岡山県)の尊滝院にうつり,承久の乱で流された弟の頼仁親王とともに五流修験の再興につくしたという。文永3年4月12日死去。69歳。通称は桜井宮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

覚仁法親王の関連キーワード後鳥羽天皇鎌倉時代

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android