コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼仁親王 よりひとしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼仁親王 よりひとしんのう

1201-1264 鎌倉時代,後鳥羽(ごとば)天皇の皇子。
建仁(けんにん)元年7月22日生まれ。母は坊門信清の娘卿局(きょうのつぼね)(藤原兼子(けんし))に養育され,承元(じょうげん)4年親王となる。承久(じょうきゅう)の乱にかかわった罪により備前(岡山県)児島(こじま)に流され,文永元年5月23日同地で没した。64歳。通称は冷泉(れいぜいの)宮,児島宮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

頼仁親王

没年:文永1.5.23(1264.6.18)
生年:建仁1(1201)
鎌倉時代の親王。承久の乱(1221)で備前(岡山県)に配流された。後鳥羽天皇の第5皇子。冷泉宮,児島宮ともいう。母は内大臣坊門信清の娘西御方。卿二位藤原兼子に育てられ,鎌倉幕府が将軍源実朝の後継者に望んだこともあった。

(秋山喜代子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

頼仁親王 (よりひとしんのう)

生年月日:1201年7月22日
鎌倉時代前期の皇族。後鳥羽天皇の第5皇子
1264年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

頼仁親王の関連キーワード覚仁法親王児島五流生年月日

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android