コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚増法親王 かくぞうほうしんのう

1件 の用語解説(覚増法親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚増法親王 かくぞうほうしんのう

1363-1390 南北朝時代,後光厳(ごこうごん)天皇の皇子。
貞治(じょうじ)2=正平(しょうへい)18年生まれ。京都聖護院で出家。覚誉入道親王から灌頂(かんじょう)をうける。永徳3=弘和(こうわ)3年園城寺(おんじょうじ)長吏となった。明徳元=元中7年11月19日死去。28歳。著作に「両部血脈抄」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

覚増法親王の関連キーワード北朝延文応安康安康応貞治文和明徳右衛門佐局(1)豊原竜秋

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone