コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚増法親王 かくぞうほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚増法親王 かくぞうほうしんのう

1363-1390 南北朝時代,後光厳(ごこうごん)天皇の皇子。
貞治(じょうじ)2=正平(しょうへい)18年生まれ。京都聖護院で出家覚誉入道親王から灌頂(かんじょう)をうける。永徳3=弘和(こうわ)3年園城寺(おんじょうじ)長吏となった。明徳元=元中7年11月19日死去。28歳。著作に「両部血脈抄」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

覚増法親王の関連キーワード右衛門佐局(1)南北朝時代皇子貞治

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android