コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚増法親王 かくぞうほうしんのう

1件 の用語解説(覚増法親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚増法親王 かくぞうほうしんのう

1363-1390 南北朝時代,後光厳(ごこうごん)天皇の皇子。
貞治(じょうじ)2=正平(しょうへい)18年生まれ。京都聖護院で出家。覚誉入道親王から灌頂(かんじょう)をうける。永徳3=弘和(こうわ)3年園城寺(おんじょうじ)長吏となった。明徳元=元中7年11月19日死去。28歳。著作に「両部血脈抄」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

覚増法親王の関連キーワード明徳島津貞久元中菊池武朝阿新丸愚問賢注世阿弥ウェルズ大聖堂ブルゴーニュ公国石橋和義

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone