コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚誉入道親王 かくよにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚誉入道親王 かくよにゅうどうしんのう

1320-1382 鎌倉-南北朝時代,花園天皇の第1皇子。
元応2年生まれ。元徳3=元弘(げんこう)元年(1331)親王となり,出家して山城(京都府)聖護(しょうご)院にはいる。清顕に密教をまなび,灌頂(かんじょう)をうける。のち園城寺(おんじょうじ)長吏,四天王寺別当に任じられた。永徳2=弘和(こうわ)2年5月28日死去。63歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

覚誉入道親王の関連キーワード一条局(2)南北朝時代覚増法親王花園天皇元応

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android